TOP > スポンサー広告 > 東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院TOP > 地域イベント > 東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院

両国回向院で『東日本大震災復善光寺出開帳』が
5月19日まで行われております。

出開帳とは、寺院の本尊や秘仏などを他の土地に運んで行う開帳のことです。
近年は交通の便が良くどこにでもいけるので遠くの寺院から仏様に来ていただくことは
少ないようですが大昔はお出かけするのに月日がとてもかかるということで
出開帳も多く行われたそうです。

回向院は今からおよそ360年前に開かれた浄土宗のお寺で、
正式名称を『諸宗山無縁寺回向院』といいまして
一宗一派にとらわれずに無縁供養を行う無縁寺として発展を遂げました。
また開帳寺として参拝で賑わい、江戸時代には160回の出開帳が行われたそうです。

信州善光寺は長野県にあり、善光寺如来様をご本尊として創建以来約1400年の長きにわたり
阿弥陀如来様との結縁の場となり、心のよりどころとして深く広く信仰を得てるお寺です。

江戸時代に回向院で行われた善光寺出開帳は大変な人気だったそうです。

今回は、東日本大震災のご供養と復興支援を目的として出開帳が行われました。

両国回向院

両国回向院

両国回向院

善光寺のお戒壇巡りが体験できます。
真っ暗闇の回廊を進み『極楽の錠前』という縦長の錠前に触れると
錠前の真裏におられる出開帳仏様と結縁を果たし極楽往生が叶うと言われています。

ブログ管理人も体験しましたがとても真っ暗闇の中で
あまりにも暗くて『怖い!!!』と叫びました。

ガイドロープが壁に張り巡らされてあり、それを手放すと、
きっと方向感覚を失いパニックになると思います。
管理人はお戒壇=階段と解釈してしまい、階段がある回廊だと思い込んで
傘でカツカツと回廊をつついて歩きました。

『極楽の錠前』に触れたときは凄く嬉しかったです。

大変な真っ暗闇ですが体験できて良かったです。

両国回向院

両国回向院

日本の国技の相撲は江戸時代は、勧進相撲興行の形態を撮っており
相撲史上の黄金時代といわれる寛政年間を経て文政年間にいたるまで
勧進相撲興行の中心は回向院とされていました。

江戸後期に勧進相撲の定場所が回向院に定めら回向院相撲の時代を日本相撲史に刻みました。
明治42年には回向院境内に旧両国国技館が建設されました。


今回はとても貴重な経験が出来ました。





にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

2013-05-17 : 地域イベント :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

アオキメガネ

Author:アオキメガネ

墨田区公式ウェブサイト



墨田区公式ウェブサイト

日本ブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
参加してます。宜しくお願いします。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

台風画報

日めくりカレンダー

潮見表

QRコード

QR

FC2カウンター

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。